たくし学園 バスケットボールリーグ

大会ルール 35リーグ 

  • HOME »
  • 大会ルール 35リーグ 

35リーグ大会ルール

1.試合時間・インターバル等について
・9分(流し) × 4Qで行います。(FTも流し)残り30秒からはタイマーを止めながら行います。(FTも止める)4Qだけは残り2分からタイマーを止めながら行います。
・クォーター間のインターバル1分。ハーフタイムは3分とします。
・同点の際は同点で終了とします。

2.オリジナル得点・チームボーナス得点について
・オリジナル得点として6番・7番・8番、そしてBPPはミドルシュート(ペイントの外)を3点としロングシュート(通常の3ポイント)は4点とします。
・チームのメンバー(参加している)全員が得点するとチームボーナス得点 +5点
・チームのメンバー(参加している)全員がリバウンドを取るとチームボーナス得点 +5点

3.ボーナスポイントプレーヤー(BPP)について
・BPPは後半戦から4位のチームの1~5番を対象とします。
・BPPは試合前にリーグがくじ引き(あみだくじ)で決めます。

4.ノーボードシュートについて
・後半戦、上位のチームはボードを狙ったシュートは無効になります。
無効にはなりますが、相手チームはエンドスローからスタートします。
一度リングにあたりボードにあたった場合は得点とします。
FTも同様とします。

5.ノードリブルルールについて
10点差以上で勝っているチームはバスケットボールのスキル向上のためノードリブルバスケットボール(ドリブルをしないで得点・プレー)でプレーします。
10点差以上で勝っているチームのプレーヤーがドリブルをついた際は相手チームに1本のフリースローを与える。投球者は自チームのキャプテンが指名できる。

6.1shotフリースローについて
すべてのフリースローが1Shotになります。
2P⇒1Shot→2点
3P⇒1Shot→3点
4P⇒1Shot→4点
バスケットカウント 1Shot→1点  ノードリブルボーナス1Shot→3点
その他、テクニカル等 1Shot→2点

7.タイムアウト及び選手交代について
タイムアウトは各クォーターの残り5分を過ぎて最初にボールデットになったときに60秒のオフィシャルタイムアウトが入ります。それ以外、チーム希望のタイムアウトはありません。選手交代はマイボールもしくはレフリーがボール所持の時に自由にコールできる。

8.24秒ルール/14秒ルールについて
攻守交替の際は24秒スタートでオフェンスリバウンドを所持した場合は14秒からスタートになる。

9.個人ファール・チームファールについて
個人ファール 1試合4つ目で退場となります。
※男性から女性へのパーソナルファールはファール2つとオフェンスファールは3つとします。
チームファール 各コーター5つ目からは相手チームに2点加算。
※試合後、スタッフがチェックし加算する。

10.ブロックショットについて
6番・7番・8番へのブロックショット(ジャンプしてボールを触る・触りに行く)は禁止です。
先にハンズアップ(手を上げて)してシュートを打つスペースを詰めて行くチャレンジはOK。
※先にハンズアップ(手を上げて)しているのにもかかわらず無理にシュートを打ってもファールにはなりません。

11.試合球・ビブスについて
試合球は6号を使用する。 ビブスは学園が準備する。
※リーグ戦中は各自で保管・準備する。

12.セカンダリーメンバーについて
私用や仕事で事前に不参加がわかっているメンバーの参加権を譲ることができる。
セカンダリーメンバーのスタッツは正式なものとする。HPの記載名はゲストとする。

13.順位について
順位は勝率で決めるものとする。
勝率が同率の場合、得失点で決める。

14.ビブス忘れについて
・ビブス忘れがあった場合は相手チームにボーナス1ショット(2点)をプレゼントさせて頂きます。

15.テクニカルファール、アンスポーツマンライクファール
・スポーツマンらしくない行動、暴言、態度を行ったと見なされた場合
相手チームに1Shot→2点のFTが与えられる。
・コートに5人以外(4人・6人)のプレーヤーが入った場合も同様とする。

PAGETOP